M.B.と虹

今回もしちみがらみの話です。

M.B.と書いてマタニティーブルー。

あれは誰もがかかってしまうのでしょうか?私はかかりました。

以前も妊娠中の話は一度書いているのですが

前回書いていなかったような事を書きたいと思います。

妊娠中期マタニティーブルーと重なって

親になる事から逃げたくなっていた私。

悶々としていた時

「完璧じゃないと受け入れられない」

それまでそんなふうに思っていた自分に気づきました。

(親に拒否される気持ちは自分がよく知っているのにね)

「何かあったらその時考えよう」

(結局”何か”あるのだけど)

「子供が障害を抱えていてもやりたい事は色々やっていこう」

なんていう事を想像し始めると不思議と気持ちが穏やかになったのです。

↑ この年の夏双子の虹をかかっているのを2回見た

妊娠5ヶ月になってきた頃。

それまで診察してくれていた地元の市民病院の先生が

その春に出来た「研修医制度」とやらを理由に病院を去ることになった。

そして後任の医師も決まらないので産婦人科は閉鎖するとの事!

これは今問題になっている産科減少の一大事件なんだけど私は

「ゆくゆくは実家の近くの個人産院で出産しようと思っていたから時期は早いけど、まっいいかな!」

とのんきなO型的な思考でいた。

そしてその医師は個人産院宛に紹介状を書いてくれると言う。

「頭が大きいところが気になるのでフォローを頼んでおきましょう。」

と急に言った。

?????

何の事を言っているのかよく分からなかった。

先生の口からは「大体は取り越し苦労で心配なく育つ」

という感じの言葉が出ていた。

それからの私はマタニティーブルーと先生の言った事があたまの中で

仲良しこよし。

誰にも話せずにグルグルと悪い事ばかり考えていた。

そして1~2週間後に実家の近所の個人産院を受診してみた。

昔からあるこの産院は先生もベテランで頼りがいがあるように感じる。

恐る恐る「子供は頭が大きいのでは?」と聞いてみた。

すると「頭が大きいと水頭症の疑いが出てくるけど、エコーを見ると水頭症の映像ではない。もっと真っ黒にうつるよ。」と言ってくれた!

あ~よかった取り越し苦労!

「なーんだ!頭がデカイってウチの家系に似ちゃっただけやん!」

先生の一言で気持ちが楽になった私。

だけどだけどこれは誤診だったわけなのですよね?

病院友達の間でも出産直前まで分からなかった人や

出産後に分かった人はとてもとても多い。

私は早い時期に障害や病気が分かる事がいいのか悪いのか

分からない。

私としちみの事に関してだけ書くと出産数日前に

「もしかして疾患有?」みたいな感じで分かったのだけど

このタイミングで分かってよかったと今では思う。

数ヶ月前に分かっていたらその間ずっと悩む事になっていただろうし

産まれるまで分からずに普通分娩になっていたらもっと恐い状況に

なっていたと思うからです。

早い時期での障害や病気が発見できる事がいい事なのかどうか

今でも自問自答するけど正直答えが出せないのです。

長文にお付き合い下さってありがとうございました。

☆ミ  ☆ミ  ☆ミ  ☆ミ  ☆ミ  ☆ミ  ☆ミ

コメント

  1. ちょこぼ より:

    この件について
    これは、難しい話やね

    「妊娠中の検査」

    新聞の記事も読んだけど

    専門家でも意見が分かれることやろうね。

    分ったほうがいい事もあるやろうし

    母体の精神面を考えたら

    ギリギリまで分らない方がいいかもしらんね。

    人に、よっても違いはあるやろうしね。

    でも、どういう形にせよ

    家族や周りのサポートが大事なのは間違いないやろう。

    妊娠、出産それからの事。

    普段なら忘れてしまう

    たわいない一言(言った人にとって)も

    一生かかっても怨んでやる

    くらいの敏感さを母は持ってるって

    わかって欲しいよな~

    最後になったけど

    個人病院から他の県立そして別の県立と

    あかねが回されてる間(表現は悪いけど、この件には今でもムカついてるわ)

    母は、多いにウロたえてたよ。

    真っ白になって、どう行動していいか

    判断、出来ない状態やったわ。

    あの人は、あの人なりに愛してるんやと思うで。

    判断力に欠ける所はあるけど(笑)

  2. あかね@管理人 より:

    ちょこぼっちへ
    長くて丁寧なコメントをありがとう~

    この数年間口に出さずとも一緒に悩んでくれていたんやろうな

    そういう事が凄く感じられたよ!

    多分母もそうなんやろうと思っているよ。

    でも嬉しかったよ、ありがとう

    思い返せば出産の時は3つ目の病院でオペになって

    すぐに別の病院にまた転院させられたな~

    (これは次回書こうと思っているねんけど)

    まっているだけの家族はやきもきしたやろうな。

  3. あっちゃん より:

    朝○新聞
    連載で妊娠・出産の記事やってるね。

    (ジャガー横田さんも載ってたよ)

    あれは読んでて胸が痛くなるけど

    目をそらしてはいかん!と思って読んでるねん。

    産まれてきた我が子に何かあるってわかったとき

    私ならどう思うやろ?とかこんなことできる?とか。

    芸能活動をされている○武さんのお母さんは

    手足がない彼を見て

    「まあ!可愛い!!」

    って言ったそうな。

    立派な方なんだな~。

    だから彼はあんなに前向きに生活してこれたんだろうね。

    >「完璧じゃないと受け入れられない」

    わかるわ~!!!

    私もちゃんと心の準備をしてからって思ってたから。

    ウチのおかんも「あわわわ」ってなったようで

    妊娠報告の電話をした時

    「ヒト一人満足に育ててから意見しなさいよ」

    みたいなことを突然言ったんよ。

    これから育てるのに今なぜそんなことを!?って

    電話口でキレたね~(笑)

    妊娠・出産ってのはほんと人それぞれ多様やね。

    しちみちゃんがこの世にやってきて

    何をみんなに伝えて帰っていったのかなって

    よく考えるねん。

    ※もし不適切な発言があったら言ってね。

  4. あかね@管理人 より:

    あっちゃんへ
    ロングコメント~

    ありがとうございます

    この新聞連載あっちゃんも読んでた?これいいよね~

    >「ヒト一人満足に育ててから意見しなさいよ」

    ってあっちゃんのお母様はどんなことを伝えたかったんやろうね?

    前後の話をきたらその気持ちも少しは分かりそうやねんけど…

    >しちみちゃんがこの世にやってきて

    >何をみんなに伝えて帰っていったのかなって

    >よく考えるねん

    そんな事考えてくれていたなんてちいとも思って無かったので

    凄く嬉しいよ!

    でも私はあっちゃんのように考えた事がなかったな~



    (…ちょっと考えてみようっと!)

  5. めぐこ より:

    むずかしいよね
    私も、少しMBになったわ。

    ゆうぽんの時は、とくに。

    私の母が、夢で食い初めの時に、私と生まれた赤ちゃんが柱の影から覗いてる夢だったらしい。

    で、その夢の話を生まれてから、教えてくれてんけど。

    なんで、そんな夢をみたのかそのときは、わからなかったけど、今にして思えば、障害のある赤ちゃんだったから、みんなの前にでれなかった。

    今は、みんなのまえに出るのはなんとも思わないけどど、生まれた当初は、その夢を、思い出すたびに悲しかったわ。

    障害があるない関係なく、この世に生まれてきたことは、すばらしいってことを、ゆうぽんに教えてもらってるような気がします。もっともっと、一生懸命生きてる人たちがいることをみんながわかって欲しいなあ。

    しちみちゃんやゆうぽんのように、病気をもって産まれてくる子供たちは、何かを教えてくれるよね。

  6. あかね@管理人 より:

    めぐこさんへ
    「MB」一緒に使ってくれて嬉しいわ(笑)

    めぐこさんのお母さん凄いね。

    正夢と言うか暗示するような夢を見てたんや。

    何か急に思い出したけど、私は妊娠中に赤ちゃんが生まれたら

    「小っちゃいおっちゃんやった」という夢をみた

    >障害があるない関係なく、この世に生まれてきたことは、すばらしいってことを、

    そうやんね~ついつい当たり前のように思ってしまうけど

    色んなラッキーが重なって生まれてくるんやもんね。

    めぐこさんの言葉、ありがたいわ。

    (近いうちに携帯にメールいれます。またね~

  7. みちふん より:

    わたしは、、、
    私は「MB」にはならなかったよ~。

    不妊だったから早く産みたくて仕方なかった。

    でも妊娠発覚直後から4ヶ月半頃までつわりで寝たきりだったけどね

    私は今でも妊娠中、エコーや3D検査でなぜ発見できなかったのか?ってすごく思うの。検診を受けていた産婦人科の先生を恨んでる。でも恨む事は娘を否定する事になっちゃう、と申し訳ない気持ちになり「ごめん」と謝る。この繰り返し。。。

    出産前の告知はいつがいいのか?人によっていろいろやろうなぁ。答えはなかなか出ないと思う。

    私は早い時期にわかっていたら産んでいなかっただろうと思う。ごめんね、正直な気持ちです。

    直前に聞いていたら取り乱し、最悪の分娩になっていただろうと思う。

    実際は産んでからわかり、長い間、悶々とした日々を過ごしていたのだけれど。

    今は娘がとても愛しいし、めぐこちゃんの言うように病気をもって産まれてくる子供たちからたくさんのことを教わっていることをひしひしと感じている今日この頃です。

    でも、私は母親としてまだまだあかんわぁ

  8. あかね@管理人 より:

    みちふんちゃんへ
    コメントどうもありがとう~

    しかもMB使っていただいて(笑)

    昨日の晩にコメント読んでんけど色々と考えてから返事書きました

    それでも名案ってのは浮かばなかったわ…

    人によって良し悪しはいろいろやもんね~

    一番の問題はみちふんちゃんがすっきりしてないって事やもんな

    でも「この子が○○症でヨカッタ」と思う人は多分一人もいないよな

    みちふんちゃんは(子供に対してではなくて)自分に対しての

    理想が高いんと違うかな??

    私からみていたらNちゃんのこと凄く可愛がっているし

    「Nちゃんは幸せ者だな」と思うねんけどな。

    何年かかかるかも知れへんけどみちふんちゃんの気持ちが

    すっきり出来る時がきたらいいな。とマジで思っているよ。

  9. スー より:

    おはよう♪
    私はMBにはなりませんでした。

    私もあまり早くから「胎児の状況」を知らない方がいいと思ってます、あかねさんは良い時期に分かったて良かったと思いますよ。

    別のことで同じことが・・・

    私のガンは超悪性でしたが、最初は「単なる脂肪の塊、ガンなら真っ黒に映るから」と言われやっぱりねと思ってました。

  10. あかね@管理人 より:

    スーさんへ
    おはようございます♪

    MB使ってくださってありがとうスーさん

    私はMBにはなったんですが

    つわりが全くなかったので、つわりがきつかった人の話などを聞くと

    「…しんどそう!なくてラッキーだったわ

    と思っています。

    スーさんが受診していた病院でも同じような事があったのですね

    その後は同じ病院で発見されたのでしょうか?

    病院を変えて発見されたのでしょうか?

  11. めぇ~ より:

    諸先輩がたの

    ためになる貴重なご意見がいっぱい。

    皆さんのコメントから、いろいろ学びました。

    妊娠中期はMBになることもあるのね。

    色んな出会い、きっかけが何であれど

    新たな繋がりがもてたことは

    人として大きくなれるから財産だね

    わたしは垣間見るだけだけど

    色んなことを教えてもらってます

  12. あかね@管理人 より:

    めぇ~ちゃんへ
    MBになる人やつわりに悩まされたり人によって色々なんやね~

    知らないことがたくさん出てくるわ。

    この前地元で、目の前を親子連れが歩いててん。

    三歳児ふうな男の子「お母さん何で入院せなあかんの~?」

    ダルそうなママ「赤ちゃん早く生まれそうやから…」

    三歳男児「赤ちゃん生まれたっていいやん」

    ダルママ「まだ早過ぎるねん…」

    三歳男児「早くてもいいやん

    ママ「・・・アカンの・・・!!」

    多分お母さんは早産で悩んでいるのやろうな

    でも三歳の男児には難しいみたいで

    「早く会えたほうがいいやんかーー!!」って感じやったわ

    出会いもたくさんあるし悩みもたくさんあるんやね

    喜びもたくさんあるよね。。。