発熱が続き

前回しちみは地元市民病院(夜間救急)でドクターから

「明日も発熱していたら隣の市の市民病院に行くように。」

と言われたため、その市民病院に行ってみることにしました。

この時は私が車を運転して付き添いを姑に頼んで3人で一緒に診察に行きました。

この病院に来るのは初めてです。

確かに昨日行った地元の市民病院より大きくて新しく立派にみえました。

問題はこの病院がしちみを受け入れてくれるかどうかです。

結局、診察のほうは受け入れてくれました。

薬ぐらいは出せるけど、専門的な問題が関わっているかもしれないから熱が続いたらいつもの巨大病院に行ったほうがいい。と言っていました。

もちろんそれは私もそう思います。

私が探していたのは「予防接種&風邪などの診察をしてくれる病院」だったのです。

この病院までくるとなると車で約20分はかかるし(片道)市外になるので予防接種代金は結局自己負担になってきてしまうので

もうそれならいつもの巨大病院にお世話になったほうがいいかな…

という答えにたどり着いたのでした・・・

地元の市民病院さえ注射してくれれば・・・

あとこれは私の心の問題なのですが、地元の病院では障害を持った

子供達の数が少ないからしちみの存在が目立つのか、

とても稀有なものを見るかのような目で凝視されることがありました。

私はあまり攻撃的な発言をしません。(と自分では思っている。)

この病院で初めて痛い視線にやられそうになった時は

その子連れの女性を攻撃するのではなく姑に伝えるべき言葉を

その女性の耳元で大きな声で無意味に発言してしまいました。

言葉はこんなんでしたが↓

「熱が39℃あるって言ったら診察順番早くなるかもって!!∑(゚Д゚)」

子供を二人連れた女性は私の突飛な行動に驚いたのか恥ずかしそうに目線をそらしてそれからこちらを見ようとはしませんでした。

・・・いやただ単に変な人と思われただけなのかも・・・

そんなぐらい別にいいもん!!


(↑パシャッ >📱)

角刈りパパ、あまり写真は上手じゃないけれど
パパなりのしちみベストが撮れた時は「むふっ」と笑っていました。
そして手元にはやっぱり定番の帽子が・・・!
しかしこの柄パンにこの縞模様の帽子ってどうなのよ・・・

☆ミ ☆ミ ☆ミ ☆ミ ☆ミ ☆ミ ☆ミ

しちみバナー!現在62位にいました。急に下降してビックリしました。
もしかして・・・みなさんもう押しあきました??
クリックで応援していただけるとありがたいです。→
イラスト部門に参加しています。

コメント

  1. めぇ~ より:

    痛い視線
    眼は口ほどに物を言うものね
    そんな痛い視線を突き刺されたら
    そりゃ攻撃的になるよぉ。

    やりきれん思いを抱えるより発散して正解
    あかねちゃんの無意識の行動に感涙

    パッと去年の記憶が蘇ったの・・・
    同窓会の後での会話で

    駐車場へ帰る道でベビーカーのしちみちゃんを見て
    すれ違ったおじいちゃんが
    「かわいいね何歳?」と聞かれて
    「ハイ!もうじき24ヶ月です」て答えたら
    24ヶ月にきょとんとしてた~て言ってたてのょ。

    あの時、見知らぬ人から声をかけられ
    誉められたぁ~て嬉しそうな
    あかねちゃんの笑顔が蘇ったから
    そこに辿り着くまの山あり谷あり
    こんな試練の数々を思うと
    母は強し、あっぱれですぅ/hakushu/}

  2. スー より:

    私も・・
    ヨロヨロと歩く私は大学病院でさえもジッと見られた事が何度もあります。そんな時はわざと振り返ります。目が合った時の相手のイヤそうな顔・・慌てて顔をそむけますよ。(前にも書いたような?)
    退院後病院への道から入院していた病棟を見るのが辛くて・・今でもあまり見たくないけどね。

    先日整形外科で、見た目普通に見える可愛い赤ちゃんについ微笑みました。若いお婆ちゃんとお母さん(実の娘さん)の3人連れでした。お婆ちゃんは笑って赤ちゃんの事を話してましたがお母さんは心配そうでニコリともしてませんでした。小児科から紹介されて来たそうです。異常が無いといいねと姉と話してましたが・・今でも異常が無かった事を祈ってます。
    小児科の前を通って整形外科へ行くんだけど、しちみちゃんのような赤ちゃんがこの中にもいるんだなぁと思いながら通ります。

    今日はしちみちゃんのイラスト小さいね

    ランキング毎日クリックしてるけど落ちる時は落ちるよ~。私もそうだもの、毎日書いてるけどね。

  3. スー より:

    ランキング
    真夜中さんです。
    今朝は歳年の所為で早起きしたんじゃないけど・・やっぱり歳の所為で眠れなくなりました
    ランキング52位でしたよ~。DOEN付きだったからもうすぐ1ページ目に復帰しますよ

  4. スー より:

    訂正
    DOENDOWNへ
    やっぱり歳です

  5. ちょこぼ より:

    視線
    じっと見られたら大人だって不快やんな
    子供が少なくなったせいか
    小さい子は注目されてるな~と感じたな。
    (私も見るもん)
    泣かれた日にゃ視線が痛くて
    小さくなってたな
    同じ子連れでも一緒!
    大人しい子のママは
    「しつけがなってないわね~」って言われた事もあるし
    睨まれた事もある

    子供に
    いや弱者に生きにくい空気がバンバンするね

  6. あかね より:

    めぇ~ちゃんへ
    あぁ!「24ヶ月です~」の話していたかな?
    もうあの頃はしちみも2歳だったし
    私のしちみママ年齢も3年目になろうかとしていた時期だったから
    余裕も出てきていたのだと思うよ~
    この記事のような経験を仕立ての頃はビクビクしていたもんです。

    褒められることはめったにないけど
    褒め言葉は必ずいただくようにしてたわ~
    痛い視線を感じたり何かを言われた時は
    半分くらいに受け流してたかなぁ

  7. あかね より:

    スーさんへ
    病院って待合で待っている人も暇を持て余しているのか
    じっと強い視線を送ってきたりします。
    頑張って乗り越えてきたのはスーさんでありしちみなのにね。

    整形外科の赤ちゃん、何も異常がなければいいですね!
    お母さんもきっと凄く凄く心配しているのでしょう。

    大きな病院の小児科だったらきっとしちみの友達が
    たくさんお世話になっていると思います。

    >今日はしちみちゃんのイラスト小さいね
    (笑)今日はパパが主役の絵になりました。
    毎回しちみのUPの絵ではメリハリがないかな?と
    思っていたんですけど、スーさんはしちみの絵を楽しみに
    してくれていたんですね?嬉しいです~

    >ランキング
    そうですよね~落ちるときは落ちますよね。
    ここまで一挙に落ちたのがはじめて
    だったのでビックリしたんですよ
    私は毎日書いてないからぜいたく言ってはいけませんね(笑)

    真夜中のコメントありがとうございます~
    しかもランキングまで心配してくださってすみません~!
    夜中に目が覚めてもPCがあるとさみしくないと思いませんか?
    昔だったらTVも終わっているような時間に目がさめたら
    みょーにさみしく感じていましたが
    今だったらPC開くと必ず普通に画面が開きますもんね~

  8. あかね より:

    ちょこぼっちへ
    そうやね~赤ちゃんってだけで注目されるもんね。
    相手は何の悪気もなしに「ひょい」と覗き込んでくるときも
    多々あったわ。

    >泣かれた日にゃ視線が痛くて
    ・・・(笑)まぁあの子は声の大きさも泣きかたも凄かったもんね。
    あのパワーはいったいどこからって感じやわぁ

    実際子供が少ないから子育てはしにくいと思うよ~
    一人の子に集中する目が多くなるようで
    安全なのかと思いきやその逆のことが起こっているという不思議。
    「そりゃ~色んな人間が生まれてくるさ」
    とは絶対言えない雰囲気だもんね。

  9. ちょこぼ より:

    そこや!
    昔(子供がウジャウジャおった頃)より
    絶対、手は足りてるハズやのに
    なんか肝心な時には威力を発揮してないよな。
    これはテレビの受け売りやけど
    人手があると
    「誰ががするやろ」って心理が働くらしい。
    じゃ見るな!とも思うけど
    なんて声掛けてエエのか分からんのかもなぁ
    自分の事を振り返っても
    タイミングを見失う時って多いよ

  10. あかね より:

    ちょこぼっちへ
    >「誰かがするやろ」
    そうかもね~
    自分を振り返っても若い頃はそんな意識が働いてたわ・・・
    反省。

  11. ちょこぼ より:

    まあね
    若くない今でも、そんなもん(-_-;)
    他人まかせではない時でも
    「どないしよう、、、何って声掛けたらエエんやろう」
    と考えてるうちに
    誰かが助けてたりしてね