退院

6回目の手術を無事に終えたしちみちゃん。月齢は7ヶ月です。

手術を終えて帰ってきたしちみを見て・・・

初めてマブタを縫ったとき以上の衝撃が!∑(@_@;)

糸が太い・・・しかも吊り上げられている・・・しかも超豆目・・・!!


(巨大綿頭から玉ねぎ頭にステップアップ↑)

糸は数日後には抜糸するんだろうけど、

このビジュアルにたじたじになっていると先日から同室入院していた

i君(同じファイファー症候群)のママが声をかけてくれた。

iママ・「懐かしいわ、iもそうやって吊られてたなぁと思って。」

私・「え?!ホンマですか~?!」

これを経験した人がいるとは何て心強いんだろう・・・

「マブタ?吊られた事あるよ!」って言う人はそんなにも居ないと思う。

その数少ない体験者がこんなにも近くに来ていたとは・・・

i君もそうだったのね。

闘病だけに限らないと思うのですが「そうか、仲間がいるんだ!」

と実感出来るのは大切なステップだと思います。

(なかなか出会えないけどね)まさに出会いに感謝です。

そしてこの手術の1週間後に退院が決まります。

先生から仮退院をはさんでから本退院にしようと勧められたのですが

私としては以前の退院の時のような往復3時間の道のりをとんぼ返りするのは

避けたかったので「いきなり本退院にしてください。」とお願いしました。

退院までの間にまたまた入浴指導を受けます。

頭にネジが付いているので、シャンプーは優しく、しっかりと石鹸を流し

お風呂後のネジ部分の消毒方法も教えてもらいます。

これからネジを外すまでの数ヶ月間は、気管切開部のガーゼ交換と

頭のネジを隠している巨大ガーゼの交換が日課になります。

退院する頃にはマブタの抜糸も済んで、綺麗になっていました。

やっぱりまだ豆目でしたが、日数が経過すると徐々に皮膚が伸びて

ちょうどいい感じで目も広がり視界も広がるようになるのです。

そしてありがたい事にマブタの縫合はこの時の手術で最後になり

その後も眼球突出が起きる事はありませんでした。

やれやれといった感じです。

☆ミ ☆ミ ☆ミ ☆ミ ☆ミ ☆ミ ☆ミ

しちみバナー!お盆に入ると思うように記事が書けなくなるので
ちょっと更新に間があくかもしれません。
(いつも間があいているんですけどね・・・)
クリックで応援していただけるとありがたいです。→
イラスト部門に参加しています。

コメント

  1. リーブ 21 シャンプー

    リーブ 21 シャンプーは、リーブ 21 に入会せずとも購入することができますよ!リーブ 21 シャンプーの情報提供は…

  2. スー より:

    痛々しい~
    しちみちゃんのお顔が痛々しい~。

    >そうか、仲間がいるんだ!
    こう思えるって心強いですね。

    この頭のネジまだまだ取れないのでしょうか・・。
    豆目・・でも眼凸しなくなって良かったですね

  3. ちょこぼ より:

    Unknown
    イラストを見て
    ネットの端をキュっと結んでたのを思い出したわ

    包帯(?)の時も
    そやけど看護師さんによって
    巻き方が違うねんな

  4. あかね より:

    スーさんへ
    そうなんですよ。
    友達に知り合えてこの頃から徐々に気持ちも変わったように
    思います。

    たびたび痛々しくてすみません
    このネジボルトは約半年後に外すのですよ。
    骨が出来上がるまでこのままで待つという治療なのだそうです。

    豆目にはビックリしました!
    先生の「これでもか!!」という気持ちが表されているようでした・・・
    私も眼凸して本人がパニクルよりずっといいと思います。

  5. あかね より:

    ちょこぼっちへ
    ネット懐かしいよね~
    友達も言うててんけど見慣れるせいか段々ネットが帽子に
    見えてきて、しかも結構似合っているように思ってくるねん。

    そうそう包帯とかネットとかタオルの置き方とか
    看護師さんによって色々やったわ。
    「今日は誰がしてくれたんかな~?」
    と予想するのが結構面白かった。

  6. ちょこぼ より:

    うん
    包帯の巻き方や処置の仕方って
    同じ病院だったら
    先輩から教えて貰って似てきそうなモンやのに
    結構、違ってたよね~

  7. ちょこぼ より:

    あ!
    間違えて押してしまった

    ネットは見慣れてくるよね
    その前のターバンは
    大きいからか
    何度、見ても「デカ」と思ったし
    なにより暑そうやな~と思ったな。

    ネットになり
    「おお、一気に涼しそうになって良かった」って。

  8. あかね より:

    ちょこぼっちへ
    ターバン=分厚い綿綿のときは
    逆に真夏に治療をうけるのが一番楽なのでは?
    という話を聞いたことがある。
    しちみは春だったのでクーラーもまだきいて無い時で
    汗だくやった
    暑がりの子供達に冬布団をかぶせてるみたいな
    状態やったもんね~