泣いた

(ゴールデンハー症候群のRちゃん&ママ)

今日は私泣いています。病院友達が亡くなられ
たと聞いたからです。きっかけは熱を出して急
に呼吸が止まったからだと言うのです。確かに
先天性KIDS達は一般の子供さん達より体が
丈夫ではないかもしれない。
生まれてきたとき先ず身内は「何でやねん」
って思う。何でウチの子が疾患持って生まれて
こなあかんねんって。育てながらもやっぱり
どこかで「何でやねん」って思う、色々な場面で。

あ~暗い事書いてるね私。読み飛ばしてくれて
いいですよ~わざとこの記事目立たないように
今朝書いた記事とこの前の記事との間に入れと
きます。

病院に居てる間は他の友達としゃべってて笑顔やったのにな~家に帰ってきたらまた泣けてきた。正直なところ私はしちみは私より長生きできないと思っている。しちみが生きている間、介護と通院の繰り返しやと思う、言葉によるコミュニケーションなんて一生できるかどうか解らへん。それでも生きていて欲しい。そばに居て欲しいと思う。もちろん命の順番なんて人間には解らへん。明日私のほうが先に死ぬかもしれへんな。

その病院友達は2歳のお嬢さんが亡くなったわけやねんけど、今日お世話になった先生や友達に挨拶しにきていた。
「やっと1ヶ月ほどしてチョット落ち着いたから来た」と言うてはった。私を呼び止めて知らせてくれてありがとう。たいした事言われへんけど、伝えてみた。「自分を責めたらアカンで~一生懸命頑張ったことやねんから。今までも色々辛かったやろう、頑張ったと思うねん。」
私ホンマはずっとず~っと前から遠くから見ててんで~さびしそうに見えたから声かけてん。友達は「また来る」って言うて泣いてた。でももう来ないかも知れんな…。だって病院来たら思い出すやろ?
それでもな、来たくなったらまたおいでな。気持ちの伝わりやすい友達がいっぱいいてるからな。

<11月10日イラストUPしました。手元に写真がないので私の頭の中のRちゃん&ママです。>

コメント

  1. めぇ~ より:

    子は宝だからね
    悲しい別れがあると泣けてきてしまうね><

    世の中には子どもができない人もいるから

    疾患や障害があっても

    みんな可愛い子どもには変わりないよね。

    色んな心の葛藤は山ほどあるはず

    なぜに平等でないのかねぇ

    しちみちゃんを通じて素敵な出会いがあって

    これからも色んな人とのふれあいがあるね。

    山あり谷ありだから

    落ち込むときもあるよぉ

    今おばあちゃんと暮らすようになって

    要介護度1~2、かるい認知症でも大変だわぁ

    でも本人が一番しんどいだろうね。

    身近で老いてくのをみると切なくなるね。

  2. あっちゃん より:

    うまく言われへんけど
    さっきここに来た時この記事に気づかへんかったわ。

    病院友達のこと、自分のことのように思ってしまうやんね。

    そのお嬢さんのことは忘れないでいてあげよう。

    寂しがらないようにね~!!

  3. みちふん より:

    悲しい
    あかねちゃん、大丈夫?

    私も読んでて泣けてきた。

    産まれてからの葛藤、受け入れてからの愛情、いろんな事を覚悟の上の育児、私達は健康な子供を持つ親とは少し違う思いをしながら過ごしているよね。

    私は1日でも長く娘より長生きしなきゃいけない。って思いながら生活してる。

    でも、これって子供が自立するのを邪魔するのかな?親の傲慢かな?って思ったり。。。

    パパのところで10日ほど3人で過ごして、今日、大阪に帰ってきました。予想通り、パパとはあんまり触れ合えなかったけど、なんとなく幸せな日々でした。

    こんな小さな幸せだけど、大切にしなきゃいけないね。

  4. めぐこ より:

    Unknown
    最初、コメントは、やめようと思ったけど、書いてしまいました。

    私は、ゆうぽんが生まれるまで、どうしょうもない別れって、なくて生きてきました。ゆうぽんがICUにいたとき、毎日、誰かが亡くなっていく場面にいて、次は、ゆうぽんかもって、びくびくしながら、毎日、面会に行っていたことを思い出します。

    あの時に、ゆうぽんと隣のベットにいたNくんは、旅立ってしまいました。

    その時に、Nくんのママが亡くなってから、「どんな姿になっても、ずーといっしょにいたかった。でも、あの時、がんばってくれたから、私も、前向いて歩くことができる。だから、ゆうぽんに精一杯してあげてねって」その言葉は、今でも心に残ってます。

    別れは、突然くるから、毎日を楽しく、何気ない毎日が過ごせたらって思う。

    Rちゃんも、「ママがんばってって応援してると思います。」子供を通じて、私たちに、たくさん教えてくれてるし、課題や宿題をあたえてくれる。でも、子供ってすごい存在だね。

  5. あかね より:

    めぇ~ちゃんへ
    そうなん、おばあちゃんと暮らし始めたん?

    おばあちゃん幸せやな~娘と孫と一緒に暮らしてるんやろ?歳をとっていくのはさけられへんもんな、でも自分の居場所がしっかりとあるって言うのは凄く幸せやとおもうわ~

    しちみが居るからこその出会いってあまり意識してなっかたけどホントたくさんあるわ

    いつも素適なコメントありがとうめぇ~ちゃん

  6. あかね より:

    あっちゃんへ
    ありがとうあっちゃん!一日たってちょっと復活した私。

    そうやねん、この記事隠してUPしてん。わたしかなりの

    かっこつけの強がりやねん、いつも「平気です」って

    顔だけしてたいところがあるねん。

    でも隠した記事に気づいてくれてしかも素適なコメント

    ありがとう

    そうやな、その子のこと忘れへんわ私。

  7. あかね より:

    みちふんちゃんへ
    コメントありがとう~

    そう10日も行ってたん?よかったな~旦那さんも喜んでたやろうけどウォーキング友達も喜んでたん違う

    >でも、これって子供が自立するのを邪魔するのかな?

     親の傲慢かな?って思ったり。。。

    どんな事でも結果が出るまでわからへんよな~

    しかも生身の人間同士なんやし。でも色々と思い&思われながら進んでいくしかないよな~

    そして、お祖母ちゃんも「長生きせな」って思ってそう!

    心配ありがとう~私一日たってなかり復活できたよ~

    みんなのお陰!みちふんちゃんのお陰!

  8. あかね より:

    めぐこちゃんへ
    先ずは髪飾りと、チョコボールのお土産ありがとう

    またうどんだしがいる時はいつでも言ってね~(笑)

    コメントありがとう~何度も読み返したよ~。

    >別れは、突然くるから、毎日を楽しく、何気ない毎日が過ごせたらって思う。

    めぐこちゃんはいつも二人のやんちゃくれに囲まれて

    「もーーー!!」って言いながらも

    キラキラしてるもんね!こう言う素適な座右の銘(?)を持っているからなんやね~納得。