離乳食

しちみちゃん1歳1ヶ月。抜釘(バッテイ)の為入院中。

抜釘入院って色んな入院の中でも一番楽しい入院でした。

友達数組と入院時期が一緒だったことももちろんあるのだけれど先ずそれが1つとして

2つ目の理由は入院期間の最初にオペが済み、後は調子が上向くばかりだからなのです。
(別の理由で体調を壊したりするのはまた事情が変わってくるのですが・・・)

私自身の気持ちが上向くのとしちみの体調が上向く時期がこの入院と重なった事もあって

何回かの入院経験の中でこの抜釘入院が一番楽しかったのでした。

毎日やっていた事はお昼に病棟に入って離乳食の練習、夕方あたりから病棟から外出許可をもらって病院内&病院周りを散歩して、外来のフロアーでしちみと一緒にNHKの子供番組を見たりしていました。

術後数日してから始まったこの離乳食の練習は、しちみにとっては生まれて初めての離乳食でした。

夏の間は発熱に悩まされて離乳食を開始していなかったと思うのでかなり遅い離乳食スタートになったのです。

離乳食を開始し始めたときは徐々に食べるようになっていました。

昨日は1割。今日は2割!そしてある若手看護師さんが食べさせてくれた時なんて
5割も食べたのだそうです!!

「え?!どうやって5割も食べさせたんですか??!!」と驚く私。

若手看護師さんは「しちみちゃん何だか初めからやる気が感じられて、最初からモリモリモリモリ食べてくれました♪」と言うのです。

むむっ?何でや??そのコツが知りたい・・・!!

でも悲しいかなこの入院時をピークに離乳食を食べなくなってしまうのですが

この時期はこうやって徐々に食べていくようになるんやわぁ~(*^^)

と何の疑いも持たずにウキウキ毎日離乳食を与えていたのです。それもまたこの入院が楽しかった理由の1つでしたねぇ・・・


(若手看護師さん↑あまり似てない。ゴメン・・・💦)

そして前回の記事でちょこっと書いていた「しちみの反応の話」です。

個室に入院だったこの抜釘の時の入院。

離乳食を食べさせる時はバギーに座らせて食べさせていました。

この時も離乳食からの延長でバギーに座らせていると、病室の前を通った一人の看護師さんがしちみに声をかけようと病室に入ってきたのでした。

「しちみちゃ~ん。今日は離乳食食べたかな~??」と看護師さん。
しちみの頬をすりすり♡触っていました。

私・「今日は2割ほどですかねぇ。」と返事をしていると

何と!しちみが明らかにその看護師さんの行動に反応してにこっ(^^)にこっ!(^^)にこっ(^^)!と笑ったのです!

これは私にとっては衝撃的な出来事でした。

それまで私のすることに反応をしめしたりした事がほぼゼロに近かったので

人を判別したり相手がどういう事をしているか解っていないかもしれない。

と勝手に思い込んでいたのですが実はそうではないのかも知れない!と思ったのです。

説明しにくいのですが、お母さんである私の事はまぁ嫌いではないと思っていますが

それより多分しちみは・・・よその人が好き!なのです。

看護師さんが離乳食を食べさせるとハリキッテたくさん食べるのも

「しちみちゃん」とほっぺたを触られてニコっと反応するのもよその人と家族を判別しているから・・・かも知れない!!

さすが・・・商売人の家系に生まれてきただけあるわ・・・

それまでも愛情の若葉のようなものは心の中にありましたが発見する余裕もなかった私。

この“人を判別している”(かも知れない)と気付けた事をきっかけに

何故か不思議と私の中で若葉だった愛情がにょきにょきっと育ってきたのです。

しちみってオモシロイ!しちみって可愛い!

生まれて1年1ヶ月。またまた遅すぎる私の成長ですが、この時期になってやっと感じた気持ちでした。

偶然とは言えこの大きなきっかけを作ってくれた看護師達さんに感謝しているのです。

☆ミ ☆ミ ☆ミ ☆ミ ☆ミ ☆ミ ☆ミ

今日の午前中にムコ多糖症の記事をUPしています。
1つ前の記事です。
よかったらのぞいてみてください!
しちみバナー!クリックで応援していただけるとありがたいです。→
イラスト部門に参加しています。

コメント

  1. ガチャピンママ より:

    きっかけって大事だね
    そっかー
    商売人の子は、利益優先かー
    (ん?あかねさん商売人なん?)
    確かにオモシロイ
    親はなんもせんでもかわいがってくれるもんね。
    しちみちゃんかしこいわー

    離乳食はガチャピンとまったくいっしょ!
    入院中をピークに食べなくなるのよねー
    何が気に入らないんだか・・・・

  2. あかね より:

    あらら
    昨夜コメントくれていたんやねぇ気付かずに今朝になってごめんね。

    >商売人の子は、利益優先かー
    利益って(笑)
    我が実家は喫茶店経営(昔ね)で旦那の実家は植木屋(これも昔ね)やったんよ~
    旦那は普通のサラリーマンやけど。

    あぁまたまた発見が・・・
    入院中に離乳食のピーク(笑)
    ガチャピンチャンも看護師さんの「あーん」に
    ハリキッテしまうタイプやのね~?

  3. けん より:

    かわいい^^。
    おはよう~^^。
    可愛い看護の女の子~いいね~。
    あ~しちみちゃんも可愛い¥^^¥。

    ムコ多糖症のお薬が
    2~3日前に承認されたってね
    ほんと良かったですね~^^。
    これは枡添ちゃんのお陰だね。
    これだけでもあの方が大臣をやったお陰ですね。
    よかった良かった。

    それから>PASSは何処でも必ず
    半角英数で入れて書き込みしなきゃ~
    駄目よ~。あはは~。
    1度入れれば記憶しててくれるからね
    訂正も削除も簡単に出来ますからね~。
    万が一って画像間違えたりしたら大変な事になる。
    あはは~。今頃で~
    大失敗した私が言ってるのだからね。昔ね。

  4. 代謝という人間が生きていくため

    <p>代謝という人間が生きていくために欠かせない作用が正常に行われない病気にムコ多糖症があります。「ライソゾーム病」の一種です。体内でできる物質を酵素が分解して体外に排出するわけですが、最初から体の中で酵素を作ることができない、また少ししかできないといっ…

  5. あかね より:

    けんさんへ
    ぷぷぷっはい看護師さん本当に可愛いかたでしたよ。
    (でもこの絵は似てないです。)

    ムコ多糖症のコメント欄にもコメントありがとうございました!
    けんさんは毎日新聞にしっかり目を通してるのですね?
    詳しいですもんね。

    いやはやPASSの事どうもすみません
    ついPASSを書きこまなくても投稿できてしまうと
    書き忘れるのです。
    しょっちゅう「あさかいBBS」で失敗しているので
    今度から忘れないようにします

  6. めぇ~ より:

    おそるべし看護師さん
    若手看護師さんサスガだね
    あっと言う間に、しちみちゃんの心をわしづかみぃ

    しちみちゃん反応が
    あかねちゃんの母性を開花へと
    時間はかかっても気付けたことで
    何かが変わるもの、素晴らしい

    あかねちゃんの楽しかった入院生活
    いいことあって良かったね

  7. あかね より:

    めぇ~ちゃんへ
    若手看護師さん凄いやろう~?
    何か保育園とかの先生が子供達に好かれる感じって
    こういう感じなんやろうな~と思った。

    そうやねん。ちょっとした事がきっかけで母性って開花するのねぇ
    どんな理由でも反応しているって事が嬉しかったわ。
    表面上にはなかなか表現できなくても
    しちみの中で花がさいたりワクワクしていたら嬉しいわ!
    この入院は本当に私にとってターニングポイントになったわ。