旅行(中編)


旅行も中盤になります。

1日目はくもり。二日目からは超晴れ!(←スーさん風

思い返せば、過去の旅行の殆どが「誰かについて行っている」状態だった私。

今回はブログにUPしようと思うと言う目標があったので

積極的に旅行も楽しめました。

そう黒猫に行くてを横切られようが泊まったホテルの上階への階段が不自然に板で釘付け封鎖されていようが(…まだあるけど自粛。)

楽しい気持ちはへし折れる事無く今回の旅行は進んで行くのです。

1枚目の写真は那智勝浦の大滝。

滝の中程に小さく虹も出ていましたがこの写真には写っていませんね。残念。

↑ 表参道

那智大滝から三重の塔などを回ると山のなかだけにかなりの運動量に。

「これは明日は筋肉痛やな」と思いながらの拝観。

私だけでなく、他の拝観者の中にも「まだ上があるの?!」

と険しい表情をしている人が多いし

「俺、膝が笑っている」と言うてたお兄ちゃんも居てました。

三重の塔近くにこんな木がありました。

大木なのですが、木の中に人間が通れる大きな空洞が空いていて

(願い事を書いたお札を持って)中を歩けるのです。

角刈りパパが体験して写真も撮っているのですが

写真をUPして怒られるといけないので今回はイラストで表現。↓

たぶんこれは「母の胎内を通る」とか言う意味があるのでしょうね?

この後三重の塔を最後に下山。

そして車で何十キロもの道のりを移動する私達。

昨日の寝不足が原因で車中でうつらうつらし始める私。

今晩の宿は民宿。

他のお客さん達と同じ部屋での食事だったため

食事の写真は撮れていません。

角刈りパパが言うにはここはマンボウの料理が有名な宿らしい。

しかしどれがマンボウの料理なのかよく解らんかった…

昨夜眠れなったので今夜は眠れるだろうと思っていたら

深夜に「パキン!∑(@_@;)!」と目が覚めて眠れな~い!

(↑ただ神経が高ぶっているだけだ。)

後編に続く

☆ミ  ☆ミ  ☆ミ  ☆ミ  ☆ミ  ☆ミ  ☆ミ

ランキングに参加していますのんびり更新ですが
応援していただけると嬉しいです!
一票いただけると⑩ポイントも加算です。→しちみバナー!
イラスト部門に参加しています。

コメント

  1. しゃいん より:

    いらっしゃい
    前編にコメントしそこねたんだけど

    和歌山に来られたんですね、いらっしゃいまし。^^

    那智大社の階段、半端じゃないでしょう?

    よくがんばりました。

    マンボウのお料理って食べたことないなぁ。

    マンボウって普通に獲れるん?

    後編も楽しみにしてます。

  2. スー より:

    おはよう♪
    あかねさん、リンクありがとう♪

    那智勝浦の大滝の写真はすごい!!インパクトあったぁ。虹が映ってなかったのはホント残念。

    中が人が通れる大木は不思議ね、自然は偉大だね。

    あかねさんのイラストもgood

    大昔、長命寺の階段を上った時に命が長くなる前に死んでしまいそうと思いましたよ。階段の多かったこと降りる時はもっと大変でしたが(笑)

    前篇の時に次は後篇かと思ってましたが中編もあったのね、後篇が楽しみで~す。

  3. あっちゃん より:

    充実してるね~
    違う宿に1泊ずつしたんやね。

    なんか七不思議がありそうな宿やん(笑)

    旅の内容もコユくっていいやんか~

    誰かの旅行話って一緒に行ったような気になれて楽しい

  4. あかね@管理人 より:

    しゃいんさんへ
    そうなんですよ和歌山にお邪魔していました。

    しゃいんさんと知り合ってすぐの旅行でしたので

    旅中ずっと思い出していたんですよ(笑)

    那智大社の階段。しゃいんさんも体験住みなのですね!?

    あれはそうとうな運動量ですよね~

    もし山のふもとから歩いていたらリタイヤ確実です。

    マンボウはどうやって釣るんでしょうかね?

    (↑この答えは謎のままなのです)

    そうとう巨大ですよね?

  5. あかね@管理人 より:

    スーさんへ
    長命寺は私は行ったことがないです。

    >寿命が伸びる前に死んでしまう(笑)

    どれだけ凄いのか体験したいような恐いような…

    ホント上りは心臓がバクバクいいますし。下りの山道って関節にきますよね。

    ブログに書こうと思って熱心にメモをとりすぎたのでしょうか

    前編後編でまとめるつもりがまとまりませんでした

    後編も楽しみにしていてください

    リンクOKありがとうございます~

  6. あかね@管理人 より:

    あっちゃんへ
    そうやねん。距離を移動しながら宿も変えてん。

    旅行もコユイでしょ?

    記事には書いてないねんけど

    朝、仲居さんが布団のシーツを片付けてくれてんけど

    その時何故か私の携帯までシーツと一緒に「くるくるくる~」

    って巻き込んで持っていってしまって大変やってん。。。

    大量のシーツの山から探し出すのに小一時間はかかったで~

  7. shimizu より:

    はじめまして。
    突然のコメント失礼いたします。

    私アライドアーキテクツ株式会社の清水と申します。

    この度はいろいろなデザインの情報を集めたクチコミサイトのスタートに際しまして、

    是非ともお力添えを頂きたくコメントさせて頂きました。

    このサイトの仕組みは、皆様のブログの記事の中から

    デザインに関する記事のみをサイトに収集し、

    クチコミサイトを作るというものでございます。

    ブログを読ませていただきまして、ぜひともご協力いただきたく

    思いまして、コメントという形でご連絡させていただきました。

    特にお手間を頂戴する訳では御座いませんが、ご投稿されている記事を収集してサイト上で使用する許可を頂ければ幸いでございます。

    記事が収集されると元記事へのリンクが貼られますので、サイトからの訪問者の増加が期待できますので、サイトのアクセスアップに活用いただければ

    幸いでございます。また詳しい説明や以下のページからご確認頂ければと思います。何卒宜しく願いいたします。

    【説明・登録ページ】

    http://www.edita.jp/admin/blogger_regist.php?id=1029&c=0

    【お問い合わせ】

    support3@edita.jp

  8. 那智黒だぁ~ より:

    Unknown

    OH~那智の滝は名瀑布(ばくふ)

    私むしょうの滝ずきなのよぉ

    前に行ったときは、駐車場からトコトコと歩いて

    滝をみて、その奥をチラッと参拝してただけで

    そんなに歩いた記憶がなく、参道も印象が薄いわぁ・・・

    三重塔があって、ひと山まわれるなんて

    運動量もどっぷりコース、歩いてみたいわぁ

    今度行ったら、ゼッタイ大木にもチャレンジする

    滝の次にマンボウが好きで

    水族館のマンボウ前で時間を忘れて眺めてるの

    三重の志摩マリンワールドは大量マンボウ見れるょ。

    マンボウを食べるって聞いたことがあったけど

    夕食メニューでお目見えするなんて

  9. あかね@管理人 より:

    めぇ~ちゃんへ
    名は書いていないけどめぇ~ちゃんだね?

    名瀑布が解らなくてネット辞書で調べたよ「滝」って

    意味なんやね~物知り!!

    しかも滝が好きって人は始めて聞くわ。

    滝に打たれてみたい気持ちになったりするのかな?

    ふもとからのコースは多分かなりきついと思うねんけど

    私がまわったあの辺りグルッとコースは

    いい感じの運動量やと思うわ~気持ちよかったよ!

    那智黒が名物やけどあれって那智の黒い石に似せてつくられた

    お菓子で「那智黒」と名づけられているんやと知ったわ。

    めぇ~ちゃんはもともと知ってた

    私も泳いでいるマンボウが見たいな~と思っててんけど

    結局旅行の予定からは外れていたのか見る機会がなかった

    そうか「三重の志摩マリンワールド」に行けば見えたんや~

    今度機会を作って見にいってみたいわ